GSバカミーセントラル


GSバカミーティング…セントラルブランチの活動報告
by gs_central
メモ帳
■GSバカミーセントラルとは?

■GSバカミーの東海支部
ビッグオフでクロカン遊びをするクラブです。

■ミーティング形式のクラブのため広く参加者を募集しています。ビッグオフ乗りは一度遊びに来て下さい。

GSセントラル掲示板
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事

第8回ミーティング 遠州ロングディ500 2005年9月18日 レポートその4

まだまだ続く怒濤のレポート!

今回はT島さんです。

________________________________________________________

レポート T島さん@XR400

ラリーの良さってのは、一人の人間として試されるところじゃないだろうか。
遠州ロングデイはただのツーリングではなくラリーだと思う。
---
 あまり早くスタートしてしまうと40km地点のガソリンスタンドが開いてないと困る・・・と思いながら出発。いつものことだが朝は乗れてない。ま、自分で"乗れてる"って思う時でも大した事無いのだが(笑)。初めて導入した22Lのバックパックに慣れず、すぐに肩が痛くなってきた。しばらく行くとアップダウンを繰り返しながら続く道幅の狭い林道になった。これが面白い!ヌタ場・獣道ありで「すげーぜ静岡!」と盛り上がってきた。林道を抜けたあとの最初の給油ポイントはまだ開店前で仕方なくそのまま通過。リザーブに入り燃料はけっこうヤバイが開店するのを40分も待てない・・。あと60キロくらいは走るかな〜と心配しながら先へ進む。運良く次の林道を越えて麓に下りたところで給油できた。給油後CP1へのダートを駆け上がる。右側がガケになっているため下を見るとかなり怖い(笑)。CP1に到着した時には10時近くだった・・・まだ100キロくらいしか走ってないぞ。ぼんやりしてるとみんな出発して最後の方になってしまった。

 CP2へ行く途中はコマ図の張り間違えでページがぐちゃぐちゃになっていて大変だった。K川さんやO本さんの後をついて走る。狭い作業道の法面にリアタイアを当てて曲がって行く1150ADVは後ろから見ていてすごい迫力だった(笑)。後ろに飛ばしている土の量が半端じゃない。うむむ・・・耕してるみたい。おお!壁にぶつかってもアクセル開けて立て直してる!?・・・あ、壁にシリンダーがささった(@.@;;;;;
 CP2まで休憩ナシで走りようやく先頭を走るマフィア師匠に追いついた。すでに1時近くになっている。続いてやってきたraizoさんは休憩ナシですぐに出発。マフィア氏も出発したためここで差を開けられてはまずいと思いすぐに準備を整えて後を追う。しばらく行くと給油しているマフィア氏を発見♪。給油からの走行距離は80km・・・入れるにはちょっと早いし、それにここで抜けばトップだ〜♪なんて思ったのが失敗だった、ここで入れなかったことを後で後悔することになる。その上、次の林道に入る前に怒涛の勢いで80GSが迫ってきた、短い天下だったなぁ(^^;

 210km地点からの林道を気分良くカッ飛ぶ。アクセル全開のはずなのに80GSがだんだん遠ざかってゆく!これがウワサの『大人げない走り』か〜(笑)!速!・・っと思っているうちに下りに突入。そしてここがELD500の最初の難関だった。しばらくして先行する80GSが戻ってきた。この先が舗装路のT字路になっていてコマ図と合わないらしい。とりあえず途中にある分岐点まで戻り右折して進むが、T字路には突き当たらない。仕方ないので舗装路まで行って右に。これもコマ図のようにT字路にはたどり着かない。マフィア師匠はすごいスピードで戻って行き、今度は舗装路の分岐を左に行ってしまった。しばらくコマ図をみて考えているとK川さんがやってきた。やはりみんな迷っているんだなとちょっと安心する。すでに1時間近くこのあたりをウロウロしているのだ。3つ先のコマにある「ふるさと村」が、舗装路分岐の看板に書いてあったので、もうこっちしかないやと進むことにする。しばらく行くとオンコースに復帰!迷っている間に先に何台行ったかをタイヤ痕から判断すると、少なくとも3台くらいは先行してる感じ。そのうち向かいからオフ車の大集団がやってきてタイヤ痕はわからなくなる。

 迷子のロスを取り戻すべく、がんばって走って行くと、ELD第2の難関の崩落箇所でraizoさんの1200が停車していた。他にもT村さんと・・・ん!?マフィア師匠!?(驚)!!なんで!?明らかに逆方向へ行ったはずなのに先に着いてるんでしょーか(笑)!?ありえません・・・・・。僕:「何で先に着いてるんですか(笑)?」、師匠:「下りでがんばった」。面白すぎます!!!!このままGSのダークサイドへ落ちていってもいいです(^^)。

 エマージェンシーをあけて大体の現在位置を確認しエスケープしてCP3に向かう。到着した時には16時ぐらいだった。H田さんの話によればコマ図の"芸術的"な部分をそっくりエスケープしてしまったらしい。残念。すでに日は大きく傾いてきたので早々にCP3を後にした。夕焼けに染まる山々が美しかったので、"みはらし良い"ポイントで写真を撮っていると、朝と変わらないスピードで80GSがブッ飛んでいった。さすがだ・・・来週からファラオが控えている師匠にとってはツーリング気分に違いない(><)。 給油の期待を抱いていたB→C-zoneあたりのスタンドは無情にも定休日だった。燃料はほとんど無くあと50kmがせいぜいだ。あの時入れときゃよかったなといまさら思っても後の祭り。良く考えたら、マフィア師匠も一回目は多分同じところ(CP1の上り口)で給油したはず。とすればそこから80kmばかりで再び給油している計算になる。んー勉強になります。

c0028097_2115372.jpg


 燃料もなく走り続ける。「あれはどこかな・・・。」林道の途中、遠くに街の明かりが見える。残り160km、このままだと暗くなる前に河原ステージにはたどり着かないだろう。だんだん体力を消費して林道で踏ん張りが利かなくなってきたな・・・と思いながら夕闇迫る林道を走っていると、急にマップケースがでんぐり返った(笑)。とっぷりと日が暮れた林道の出口で、折れてしまったマップケースのステーを直す。ヘルメットをとると蚊の大群の餌食になるのでかぶったまま。自分の息と工具のカチャカチャという音だけが暗闇で響く。TBIでは大丈夫だったのだが、今回は適当に取り付けていたためだ。ちょうど修理完了したところでK川さんがやってきた。K川さんには先に行ってもらい、コマ図をゆっくり眺めることにする。「・・・この先に給油できる場所は無いな、もはやここまでか。」“ガソリンの量と心の余裕は比例する”だれが言ったんだっけ?

 林道を下って大きな通りに出てしばらく進むとついにリザーブも無くなった。372.9km地点、井伊谷交差点。角のセブンイレブンに単車をとめ、水とウイダーinゼリーを買う。ほんの3分だが一息ついて考えた。「・・・この通りは交通量が多い、多分さっき山から見た街へ続いているのだろう。きっと給油できる場所もあるはず。」確認のためセブンの店員さんに聞くとしばらく行ったら浜松の街なので、開いているスタンドはあるだろうとのこと。「じゃ、あとは運を天に任せるか。」駐車場でたむろってる野球部高校生の前で、おもむろにバイクを左に倒し、タイヤを持ち上げIMSタンクの右側に残っているほんの少しのガソリンを左のコック側に移す。あと10kmくらい走れるかな。しかし、なんでこんなにサバイバルになっているんだ(笑)。

 幸運にも8km行ったところで給油できた。18:56・・・店は19時までらしい(^^;。へへ・・ラリーの神様は僕にまだ走れってことらしい。セブンまで戻りオンコースをCP4に向かう。もうタイムオーバーだろうか?CP4のすぐ手前で給油から戻ってきたというマフィア師匠に遭遇した。マフィア氏によれば山Gさんの指示で河原ステージ(S-zone)はカットしてD-zoneにつないでくれとことらしい。CP4の前の通りをしばらく(3〜4kmぐらい?)行ったところに『ナオキ電機』があるのでそこを左折?すると432.52km地点のコマに続くという。

 河原ステージを走れなかったのは残念だと思いながら休憩もそこそこに出発する・・・・がどこまで行ってもそれらしい建物はない。しかたなく天竜川の土手をずっとずっとずー・・・っと走り続けた。結局、海までたどり着いてしまい、その時点で20時半。マフィア氏と相談してそのままキャンプ地へ戻ることにした。帰りながらオフィシャルの指示をちゃんと自分の耳で聞かなかったことを僕は一人反省したのだった。

・・・・・
 遠州ロングデイはサバイバルなラリー気分を満喫できました(笑)。すばらしいコースをありがとうございました。また来年に期待しています!
[PR]
by gs_central | 2005-09-28 02:11 | ■ミーティングレポート2005
<< 第8回ミーティング 遠州ロング... 第8回ミーティング 遠州ロング... >>


最新のトラックバック
天竜川フリーライド
from ゲレンデシュポルト ライフ
KTM
from バイクが趣味
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧