GSバカミーセントラル


GSバカミーティング…セントラルブランチの活動報告
by gs_central
メモ帳
■GSバカミーセントラルとは?

■GSバカミーの東海支部
ビッグオフでクロカン遊びをするクラブです。

■ミーティング形式のクラブのため広く参加者を募集しています。ビッグオフ乗りは一度遊びに来て下さい。

GSセントラル掲示板
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事

第8回ミーティング 遠州ロングディ500 2005年9月18日 レポートその2


レポート  T村さん@R80GSb
 
先日私にとって平凡な週末を脱出するイベントに参加してきた。以前からセントラルブログで気になっていた遠州ロングディスタンスという名のコマ図ツーリングです。500kmか?大丈夫だろうか?と言う不安の中、集合場所のキャンプ場へ前夜に到着。とりあえずコマ図セットに精を出すものの、枚数が多くて私のプアなホルダーには全て巻き取れない。他の参加者というとそれぞれの電動ホルダーにしっかり収まっているではないですか。ヤバイ!、ここで既に出遅れている。その上トリップメータはオートバイのアナログメータが頼りですから長い道中では頭がパンクするのではないかと更に不安になる。そんな中出発の朝を迎えた。ブリーフィングで最初に少し難所があるとのことでまた不安に、何はともあれ時間が無いので早々にスタートする。

スタートして最初から距離が合わないので暗算補正開始、分岐や特徴のあるコマ図で止まっては確認しながら進んで行くことにする。そうは言っても林道は結構荒れているところもあり私にとって手強くコマ図を見る余裕も無い、そうこうしながら走っていると途中のプチヌタ場で足元を取られ立ち木にクラッシュしたりするものの何とかCP2まで通過。ここまで200km弱、先はまだ長いなと思いつつ早々に再スタート。スタートしてすぐガスが無くなりリザーブに、200km付近にGSがあるとのことで先を急ぐ。給油中にGSのおじさんが「少し前に同じオートバイが一台来たよ!」、「そうですか…」、ンー結構前を走っているのか?、ガンバローっと。

相変わらす距離に少し悩みながら舗装路を走っていると重要なコマ図登場で慎重に通過してダート区間へ。割とすぐに”工事中につき通行をご遠慮ください”の看板発見。ここでは何も考えず先を急ぐ。それにしても誰にも会わないなと思いつつタイヤ痕を見るとトラックのものばかりでイボイボ痕が見当たらない。先頭ではないし、もしやミスコース…?でも重要なコマ図の特徴は合っていたしな…とそのまま行くとなんと通行止めになっている。オートバイから降りて見ると崩れたところを補修するために深くカットしてある。ここでタイヤ痕をまた確認するものの何も無い、それもそのはずその先は切り立った山肌でトライアルのセクションかと思われる状況。どうしよう…?そうだとりあえず前のコマ図に戻ろうと、Uターンして下り始めるとT中さんがやって来た。エー、私が先頭だったのか…?「これオンコースだよ!」とT中さん。状況を見に進むものの「ちょっと無理だね」と、そこへraizoさん、T島さんと次々やって来ました。やはり百戦錬磨の諸氏は違いますね。素早く回避策を立てオンコースに戻るルートを検索するのですから。もしも一人だったら、どうしようもならなかったのではないかと。今回最大の収穫。そこから次の目的地までは皆で行くことにする。林道入り口からはK川さんを交えて。でも私を含め諸氏は全員が遠征組、少しだけロスしたものの無事目的地へ。

c0028097_004060.jpg


少ししてオフィシャルのhamacさんがやって来ました。ここで諸氏はコマ図について話していて、なにやら結構迷っていたようでした。私と言うとプアなトリップのため暗算とコマ図の特徴のみで判断してここまでやって来たのが功を奏したようでした。いわゆるまぐれですね、迷子になってオフィシャルに迷惑をかけるところでした。ここから気を取り直して再スタートですが、先程の回避ルート検索で積算が全くずれてしまっている。ただでさえ時間が押しているのに加えポイントとなるコマ図で止まってトリップを確認しながらですからペースは落ちるばかり。更に途中コマ図の再セットもあったりでその頃にはすっかり薄暗くなっている。そうここからはナイトランです、プアなホルダーにLEDヘッドランプをガムテープ固定、なんか良い感じの明るさでコマ図が見やすくなんとなく嬉しい。そして忘れていたわけではないのですが、ガスのことが気になりだす。途中のGSはやっていないし、そんなにヤバイ状況ではなかったのでそのまま先へ。暗くなっての林道ではライトの明かりがコースだけを照らすので、日中より肩の力が抜けて意外と走りやすい。なんて思っているうちに結構山の中に入って来ている。やはりガスのことが気になり途中でコマ図を先送りして見るもGSらしきものも無い、時間を見ると20時少し前になっている。ガスも少なくなっているのでCP4をあきらめエマージェンシーを見て366?km先より国道へ。国道へ出ると角に交番があり、一番近いGSのことを聞くも日曜日なので殆どが19時閉店と言われる。更に先へ行けば23時まで営業しているところがあるよと言われるがまま走ること15〜20分でしょうか、そこはもう浜松市街地にほど近いところです。とりあえず満タンにして時間を見ると既に20時を回っています。心配するほどガスは入リませんでした、タイムリミットもありここで無念のリタイヤ。

そして高速を利用してキャンプ場には21時過ぎに無事ゴールでき、走行距離約450kmの内容の濃い一日でした。その後は楽しい美味しい宴会をセットしていただき、その上朝まで大変お世話になりました。最後に素晴らしいルートを紹介してくださったオフィシャルの皆さんと参加者の皆さんに感謝します。また呼んでください。次回は写真を撮る位の余裕があればと思います。
[PR]
by gs_central | 2005-09-25 00:03 | ■ミーティングレポート2005
<< 第8回ミーティング 遠州ロング... 第8回ミーティング 遠州ロング... >>


最新のトラックバック
天竜川フリーライド
from ゲレンデシュポルト ライフ
KTM
from バイクが趣味
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧